*

貯金をするために身に着けておきたい4つの習慣

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 マネーハック術, 貯金術

貯金をするために身に着けておきたい4つの習慣_01「貯金をしたい!」「1年間で100万円貯めたい!」といった貯金の目標を持つことはとても大事なことです。

目標がなくてはどのように貯金をしていけばいいのかもはっきりと見えてきませんよね。

ですが、貯金をしたいと思っているのになかなか貯金ができないと悩んでいる方もたくさんいるかと思います。

そこでここでは貯金をするために身に着けておきたい4つの習慣について紹介していきます。これらの習慣を意識せずともできるようになれば自然と貯金がうまく行くようになるかもしれません。

 

現金主義

最近では電子マネーを利用することができるお店が増えているため活用している方も多いでしょう。また、現金を直接持ちあるかなくても買い物をすることができるクレジットカードを利用している方も多いはず。

もちろんこれらは買おうと思っているものがはっきりしている分には問題ありませんが、実際に現金を持ち歩いているわけではないため金銭感覚がずれてしまいがち。

そのため、本当は必要のないものなのについつい買ってしまった!といったことになりかねません。

実際に統計を見てみると現金で買い物をする人と比べて電子マネーやクレジットカードで買い物をする人は2割ほど消費量が多いと言われています。

電子マネーやカードは便利なものだけれど、貯金をしていくための無駄遣いを抑えるためにはやはり現金主義が一番。

あわせて財布の中身をきちんと整理することも忘れずに。

今自分がどれくらい現金を持っているのかをきちんと把握しておくこと、特に小銭はどれくらい持っているのか分らなくなりがちですのでこまめに確認を。

給料が入ったら先に貯金

1ヶ月の楽しみの1つとして給料日が挙げられます。

1ヶ月働いた分の報酬としてお給料が振り込まれているわけですので嬉しくなるのは当然。給料日はついつい羽振りが良くなってしまい、いつもなら絶対に手を出さないような高いレストランに入ってしまったり、必要以上にお酒を飲みすぎてしまったり、欲しいものを衝動買いしてしまったりといったことになりかねません。

貯金をする時には不必要な出費を抑えるのは大前提。だからこそ、給料が入ったらすぐに貯金をする習慣をつけておきましょう。

そのため、給料が振り込まれる口座とは別に貯金用の口座を作っておくと良いですね。

もしくは、定期貯金を利用するというのもおすすめ。最近では給料日に振り込まれたお金を自動的に定期貯金にまわしてくれるサービスがありますのでこれらを利用すると自分の意思とは関係のない部分でしっかりと貯金をしていくことができます。

貯金をする金額をあらかじめ決めておき、残った分のお金を生活費や娯楽費としてまわしていくと毎月決められた金額を貯金していくことができます。

 

ポイントカードは最低限に

いろんなお店で買い物をしていくとどんどんポイントカードが財布を太らせていきます。

ポイントカードを持っていると、またお店に行った時に「今日はポイントが2倍だからたくさん買い物をしよう!」と全く必要のないものまで買ってしまうきっかけになりかねません。

スーパーなどで購入する保存のきく食品などならまだしも、洋服や生活雑貨などは意外と必要なものはきちんとそろっているもの。

ポイントカードは普段からよく使うお店のものだけを残して、めったに足を運ばないお店のポイントカードは思い切って捨ててしまうのが貯金への近道です。

最近ではTポイントカードなど、いくつかのお店で共通してポイントを貯めることができるサービスもありますのでこれらを上手に活用していくと無駄なくポイントをためながら、余計な出費を避けることができておすすめです。

 

コンビニよりスーパーやドラッグストア

通勤の途中や、帰宅の途中でついつい立ち寄ってしまうコンビニ。コンビニには美味しいお弁当や飲み物、お菓子などがたくさん並んでいるのでついつい買いすぎてしまいます。また、コンビニで売られている商品というのは思っている以上に高額なものが多いです。

ですので、コンビニを普段から頻繁に利用している方は貯金がしづらいのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、コンビニを利用するよりもスーパーやドラッグストアを利用したほうが良いということ。

コンビニは基本的に商品を定価で販売していますが、スーパーやドラッグストアは割引価格で販売していることが多いです。

特にドラッグストアはお菓子や飲み物がびっくりするような値段で売られていることも珍しくありません。

もしも近くにスーパーやドラッグストアがある場合はコンビニよりも優先して利用すべきでしょう。

 

あとがき

貯金をしたいという目標を思ったら、まずはこれらの4つの習慣を意識して生活してみてください。いずれもそこまで難易度の高いものではないはず。

特に筆者が顕著に効果を感じることができたのは「給料日に貯金をしておく」ということ。

まとまったお金が入ってきたときこそ貯金用の口座にお金を移して、通帳を眺めながらニンマリとするのが趣味といっても過言ではないレベルです。

もちろんここで紹介した4つの習慣以外にもまだまだたくさんの貯金に活かすことのできるテクニックはあります。

自分ができると思うもの、これなら続けられると思うものから取り入れていくようにしてみてください。

関連記事

電気代の節約に!冷凍ご飯のメリット

電気代の節約に!冷凍ご飯のメリット

一度にたくさんご飯を炊いた方が電気代が安い 少しでも節約したい!という方は毎日のご飯の炊き

記事を読む

1,000円で1週間を乗り切る節約術_02

1,000円で1週間を乗り切る節約術

ついつい無駄遣いをしてしまったり、予想もしなかった出費が続いたりすると給料日が待ち遠しくなってしまい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


PAGE TOP ↑